保育士になるには 保育士試験の難易度 有効求人倍率 保育士の将来 リンク集 サイトマップ
  保育士は引く手あまたの仕事?なりやすさ、資格の難易度について
 

   

 

保育士の将来
保育士は、お子さんをお預かりするお仕事です。テレビのニュース番組や新聞などでは、毎日のように少子化問題が議題に上がっておりますが、解決はしていません。また、医療の進歩などから日本では高齢化社会がすすんでおり、余計に家計に負担が増えてしまい、少子化に歯止めが利かない状況になってきております。

少子化という事は子供の数が少なくなっているという事ですので、子供のお世話をする保育士のお仕事は先細りになってしまうかもという心配をされている方もいますが、そんな心配は必要ありません。日本ではバブル崩壊以降、不況が続いており、その関係で共働きの世帯の数が増えております。その為、乳幼児と一緒にいたくてもいられない世帯が多く、保育所の需要が高まっているのです。

普通でしたら幼稚園という選択肢があるかも知れませんが、幼稚園は保育所と比べて預ける事が出来る時間が非常に短くなっておりますので、保育所しか選択肢がないという方もいます。特に物価が高く、核家族で生活している世帯の多い都市部などでは、保育所の需要と同時に保育士の需要も高まっているのです。当然ですが、保育士の需要は今後もかなり高いレベルで続いていくと予想され、将来的にも高い需要はそのまま維持する物と考えられています。

リンク集
サイトマップ

Copyright©2017 保育士は引く手あまたの仕事?なりやすさ、資格の難易度について All Rights Reserved.